0355. 今日の野鳥は至近のメジロとオオルリだけ

今日も再度山。そのコースです。

再度公園~大龍寺~善助茶屋跡~猩々池~ 平野谷東尾根(二本松林道)~折り返して猩々池 ~再度第五橋(大師道)~折り返して猩々池~(大師道を)大龍寺~再度公園。

久しぶりに雨が降らない日が、丁度土曜日になりました。なので、大きな鳥果を期待して、再度山を歩きました。しかし、大師道はぬかるみがあったり、道の一部で小川のように水が流れるところがあったりして、とても歩きにくいコンディションでした。

その上、再度公園から猩々池までは鳥が見つかる気配もありませんでした。更に、二本松林道のサンコウチョウ狙いの方々が集うところでは、オオルリの囀りは聞こえるものの、姿を捉えることは出来ませんでした。

メジロ

二本松林道

その後、二本松林道を更に進むと、数羽のメジロが私から約半径1メートルの範囲でチッチと騒ぎながら飛び回ってくれました。

オオルリ♂

二本松林道

この後、二本松林道では、オオルリ♂の囀りを聞き、何とか見つけてこの写真を撮ることができました。

猩々池 ~再度第五橋(大師道)

それから、猩々池から大師道を下りました。再度谷川の水量が多く、激しい川音を立てているので、鳥の囀りが聞き取りにくかったです。十一丁の手前でオオルリ♂を見つけただけでした。

オオルリ

今日の探鳥の終盤、大龍寺まで戻ると、サンコウチョウの鳴き声が聞こえました。再度山頂方面に去って行ったようなので、山頂に行ってみることにしました。しかし、もう一度、サンコウチョウの囀りを聞くことは出来ませんでした。それでも、こんな景色を臨むことができました。

再度公園に向う下り坂で、また、サンコウチョウの声が聞こえましたが、見える距離感ではありませんでした。諦めて、帰ることにしました。

結局、探鳥としては、残念な一日になりました。

📢バードウォッチング入門のブログを投稿しています。こちらをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。