0240. 三木総合防災公園と志染町を探鳥。

天気予報では、まだ、台風の強風圏の中のようでしたが、雨は上がり、風も治まり、晴れ間も見えてきたので、洗濯物を外に干し直し、近所を探鳥することにしました。台風と秋雨前線の影響の雨で、二日間歩けなかったので、今日は長めに歩くことにしました。

防災公園に続く青山園路までの道のりは、住宅街の里山沿いの道を選びました。ダメ元でジョウビタキが来ていることを期待したのですが、会えませんでした。去年、初めてジョウビタキに会ったのは10月20日だったので、まだ、少し早いのですね。

青山園路

青山園路の園の入り口近くで、サメビタキを見つけました。彼らの習性である、飛び立って虫などを探し、捕まえてから、元のところに戻ってくることを繰り返していました。お陰でシャッターチャンスが沢山ありました。

林間広場

林間広場では、エナガとヤマガラの群れに会いました。

西芝生広場

西芝生広場にはヒバリがいましたが、叢が雨でしっかり濡れていたので、近づいて撮影することができませんでした。

眺望園地

眺望園地では再びサメビタキを赤いパイロン上に発見。

更に、坂を下ったところで、上空でカラスに追いかけられている小型の猛禽を見つけました。距離が遠く、この写真なので、種類はわかりません。

志染町窟屋、井上、御坂

志染町窟屋、井上地区ではさしたる鳥との出会いは無し。御坂の志染小学校の北側でモズが騒がしく鳴いていました。

志染川沿いを御坂神社に立ち寄り、御坂サイフォンの眼鏡橋を渡り、桜の広場側の入り口から、再び防災公園に入りました。

この桜の広場にサメビタキがいるような気がしていて、ちょっと、佇んで様子をうかがってみました。すると、予感通り、サメビタキが現われました。

帰り道

ここから先は青山園路を出てしまうまで鳥との出会いはありませんでした。戻った住宅街では、過ぎ去った台風の吹き戻しの風をよけるように蹲ったホオジロを見つけました。

約3時間半、14.5キロのウォーキングでした。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。