0318. 有馬富士公園での探鳥。ルリビタキ♂♀にだけ会う。

神戸三田プレミアム・アウトレットでスーツを買うことにしたので、午前中は有馬富士公園に行きました。

自然学習センターの横の階段を降りて、林の生態園に入りました。坂を下りたところにある小さな池の手前、笹藪が道に面したところにルリビタキ♂がいました。気づいたのが、1.5mくらいまで近づいたところだったので、カメラは構えたものの、焦点を合わせる前に藪の中に飛んで行ってしまいました。

林の生態園の、ルリビタキ♂♀

野鳥の広場に向かう坂道のところで、赤ちゃん連れのご夫婦が鳥を見つけて撮影していました。私はその手前でルリビタキの鳴き声に気づいて探しました。見つけたので、そのご夫婦に声をかけようかと思いましたが、私が撮影しだしたら気づいてくれると思い撮影を始めました。案の定、そのご夫婦もそのルリビタキ♂を撮影。「撮れましたか。」と聞くと、「綺麗に撮れました。」とのことでした。

野鳥の広場の後、水辺の生態園を目指しました。途中、かやぶきのあずまやの手前で、クックックという鳴き声が聞こえました。笹藪の中からなので、撮影は厳しいかなと思いましたが、一応近寄ってみました。すると、調度タイミング良く遮るものがないところにルリビタキ♀が飛んできてくれました。

この後、水辺の生態園、福島大池の畔、有馬富士の中腹と回りましたが、鳥との出会いはありませんでした。

📢バードウォッチング入門のブログを投稿しています。こちらをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。