0062. 三木山森林公園、三木総合防災公園~志染町窟屋の探鳥

検査の診断と別の検査の合間を縫っての探鳥

今日は、睡眠時無呼吸症候群の検査後の診断と、気になっている動悸の診断のためのエコー検査とホルター心電図検査のため会社を休み病院に行きました。その合間を縫っての探鳥です。

森の若返りを進める三木山森林公園、いつもの野鳥たち

午前中に受けた睡眠時無呼吸症候群の検査結果は正常の範囲、その後、久しぶりに三木山森林植物園に行きました。コゲラ、アオジ、シロハラ、シジュウカラ、アオサギ、バン、コガモを捉えることが出来ました。三木山は森林が高齢化していて多様性を維持できなくなっているとかで、背が高く古い樹を伐採して、低いところまで陽が当たるようにして、森の若返りを進めているようです。森の中を歩く道もかなり見通しが良くなっていました。

花々の彩りや、良し

そして、桜はまだまだですが、いろいろな花たちが春の訪れに応じて彩を見せてくれていました。

探鳥、第2部は三木総合防災公園、ここでもいつもの野鳥たち

午後からエコー検査とホルター心電図器の装着をしてもらった後、三木総合防災公園と志染町窟屋エリアに行きました。午後からはとても暖かくなり、長袖Tシャツとトレーナーでは暑いくらいでした。袖を巻くっての探鳥です。旅立ち前のジョウビタキがいてくれました。エナガ、ホオジロ、カワラヒワ、ハクセキレイ、シロサギ、トビ、ヒバリを撮影しました。

蝶も舞い始め

花の彩りに加え蝶たちが新しい命を主張していました。

今まで、三木山森林公園で撮影した野鳥

夏鳥

冬鳥

留鳥

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。