0025. こんだ薬師温泉ぬくもりの郷~吉川温泉よかたん、足湯を巡って

こんだ薬師温泉ぬくもりの郷に足湯を求めて

三連休初日の今日は生憎朝から小雨が降っていました。予報では、徐々に回復するようでしたので、妻が目をつけていたこんだ薬師温泉ぬくもりの郷に初めて行ってみました。目当ては足湯です。妻の10月に負傷した左脚は徐々に解放に向かっていて杖なしで歩けるようにはなったものの、まだ、全快とはいきません。冷えると痛くなるということなので、足湯で癒そうというわけです。篠山市にあるその場所まで車で約1時間弱。弱い雨が続いていましたが、濡れても気にならない程度で、屋外の足湯も楽しめそうでした。到着して、別館の加工棟、農産物直売所を覗いてみても足湯の案内はありませんでした。それで改めて駐車場から回りを見渡すと、加工棟の前に落ち葉に埋もれた広めの溝のようなところが。これが足湯のあった跡だと気づきました。温泉は営業していて、来客も少なくないようでしたが、なぜか足湯は営業休止でした。妻は熱中症になりやすく、温泉に入ると気分具悪くなってしまうので、足湯がなければここでやることはありません。早々に別の行く先を決めて向かいました。

行き先変更、山田錦の郷の吉川温泉よかたんへ

足湯にこだわりたかったので山田錦の郷にある吉川温泉よかたんに向かいました。ここは、自宅から20キロ足らずと近いので何度か来たことがあるのですが、足湯を使ったことはありませんでした。雨はほとんど降っていませんでしたが、足湯のところは屋根つきで降っていたとしても問題はありませんでした。直径5メートルくらいのサークル状に広めの浴槽が掘られていて内側外側の両方から浸かることができます。混雑は無く、ゆったりと利用できました。湯の温度は少し熱め、でも、我慢が必要なほどではありません。10分ほどゆっくりと足を温めました。妻は出た後もかなり長い間、足がぽかぽかしていたようです。

山田錦の館でお買い物、そして、西山牧場アイス

このあと隣の山田錦の館を覗きました。この地域は酒米で有名な山田錦の一大産地です。豊富な品揃えで地酒を販売していますし、「おためし処蔵」というカウンタースペースでグラス一杯100円から利き酒ができます。スイーツも売られていてガトーショコラとチーズケーキを買いました。また、産直野菜の売り場も充実しています。店外では牧場アイスが売られていました。私は黒豆、妻はメープルナッツを食べました。

次に来たときは利き酒をして、気に入ったのを買って帰りたいと思います。もちろん、その後の運転は妻にお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。