0217. 八日ぶりに再度山へ。二本松林道はソウシチョウの天国でした。

今日はいつもの探鳥。再度山に行きました。しかし、このところ、再度山を歩くと、帰り道には妻が熱中症気味になってしまいます。なので、今日は、妻は再度公園の日陰で過ごし、私だけが、再度山を巡ることにしました。

猩々池でヤマガラ

梅雨が明けてからの大師道は、鳥との出会いがめっきり少なくなったので、猩々池から二本松林道に入りました。その前に、まず、猩々池のところで、ヤマガラが現われました。

二本松林道へ

ソウシチョウ

二本松林道に入って、再度公園、七三峠への山道をやり過ごした辺りで、ソウシチョウが近くの木立に止まりました。

キビタキ♂

更に進んだところで、前方をキビタキ♂が横切りました。これも木立にしばらく止まってくれましたので、沢山のショットをものにしました。

再び、ソウシチョウ

猩々池から入って二本松林道を45分ほど進みました。道がどんどん下り始めたので、引き返しました。途中、沢山のソウシチョウの鳴き声を聞きました。群が暮らしているようです。しかし、姿を見つけることは難しく、写せたのはこれだけでした。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。