0210. 今日も再度山。大師道は鳥果不調。二本松林道でなんとか野鳥に会えました。

再度公園から燈籠茶屋、折り返して猩々池までの道程で会えたのは、善助茶屋跡の南でのソウシチョウだけでした。けたたましく囀っていました。

あまりに乏しい鳥果なので、今までで一度しか通ったことが無い二本松林道に行ってみました。前回に行ったときには、2度オオルリの♂を、1度♀を見ました。

猩々池から二本松林道に入って少し進むと、キビタキ♂が近くの木立に来てくれました。水浴びをしたばかりのようでした。

また、しばらく進むと、道伝いに少しずつ逃げていく小鳥を発見。ゆっくり、追いかけている最中に、私の頭上を後方から前方に飛んで木に止まった鳥がいました。オオルリ♂でした。かなり、近くで撮影することができました。

その直後、逃げていった小鳥が現われました。先ほどのキビタキ♂だったようです。

林道から山道に入る手前で、砂防ダムに止まっているキセキレイを発見しました。久しぶりにキセキレイを見ました。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。