0054. 鴨池一週ウォークで探鳥、志染町窟屋でミヤマホオジロ撮影に再挑戦

鴨池のコハクチョウはもう旅立ったか

コハクチョウがまだいるのかが気になり、鴨池に行ってみました。コハクチョウの姿は無く、望遠レンズの砲列も皆無だったので、もう、北に旅立ったんだと思います。

鴨池一週コースでは、いつもの野鳥たちに会え

時計と反対周りに歩き始めました。ゴルフ場コースの中を縫って歩くエリアでは、昨日に引き続きウグイスの囀りが聞こえました。しかし、今日は声のみで姿を捉えることは出来ませんでした。アオジとメジロが現れてくれました。 里山のエリアに入って、すぐにルリビタキ♀が道の何かをついばみに降りてきていました。今日はヤマガラの群れに何度か遭遇し遊んでもらいました。メジロ、コゲラ、ジョウビタキ♀をキャッチ。エナガが鳥の羽をくわえてこっちを向いてくれました。巣の材料にでもするんでしょうか。 里山を出て田園地帯、女池の畔のエリアではモズ、シロハラ、ツグミを撮影。 男池でオオバン、オナガガモ、目の前で同じ辺りの餌を仲良く探しているヒドリガモの♂♀の姿を眺めることが出来ました。

もの足りず、志染町窟屋へ。ミヤマホオジロはいてくれました

一周5キロ弱、思いの外、早く回ってしまったので、昨日のリベンジとばかりに帰路の途中で志染町窟屋に寄りました。今日のミヤマホオジロのショットはこれです。
DSC_0102 (1)

ミヤマホオジロ

今まで、鴨池で撮影した野鳥たち

冬鳥

留鳥

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。子供たちは成人し、定年まであと数年。仕事はきっちりしながらも坦々と、週末の妻との時間を楽しみに暮らしています。出会った野鳥や、おいしいもの、心地よい場所にまつわる話を綴っていきます。